スリランカの展示会

今度は、今年の12月にスリランカで開催された印刷機械の展示会です。またまた理想科学工業さんの販売店さんが出展されているので、写真をお借りしました。今回はスリランカの風景や食べ物の写真もあります。シルクスクリーンが世界中で活躍している様子がわかります。


ミラノの展示会

今年の10月にイタリアのミラノで開催された『VISCOM』という、印刷機械の展示会です。理想科学工業さんの販売店さんが出展されているとのことで、写真をお借りしました。以前、こちらでもYOUTUBEの動画をご紹介した『Screentypographic』という会社です。それにしても、イタリアではシルクスクリーンがめちゃくちゃ盛り上がっていますね~。


スリマッカ?

以前コチラのブログでもご紹介した、いろいろなサイズの印刷ができるシルクスクリーンキット「SURIMACCA」。女子クリエイターのためのライフスタイルつくりマガジン『箱庭』さんのサイトでも詳しく取り上げられています。これわかりやすいです。ちなみに箱庭さんのオンラインショップには、カレンダーと年賀状が。もうそういう季節ですね~

 

さらに追加~

リンクをさらに追加させていただきました。理想科学工業さんからご紹介いただいたシルク関連の企業さまです。どちらかとういうと業者さん向けですが、ホームページにはいろんな情報が載っていておもしろいです。

→ ユーロポート株式会社 株式会社トーヨーコーポレーション 吉川化工株式会社

リンクが増えました

オリジナルTシャツが制作できる『有限会社ウェディア』さまのリンクを追加させていただきました。「デザインお助けサービス」もあって、初心者でも簡単にオリジナルTシャツが作れますっ。Webも見やすくて内容が充実しています。

 

RISOさんにご紹介いただきいたつながりということで、私が講師を務める日本デザイナー学院の学生たちとともに、特別に工房にお邪魔してきました。社長の森田さまにも、シルクスクリーンへの想いや、さまざまな技術的なポイントなど、いろいろとお話を伺うことができ、貴重な体験となりました。シルクスクリーンは楽しい、面白いっ、とあらためて実感っ。シルクスクリーンでTシャツ制作をお考えの方はぜひサイトをご覧ください。


つくばラーメンフェスタにいってきました

茨城県つくば市で開催された『つくばラーメンフェスタ2016』に行ってきました。TX(つくばエクスプレス)の「研究学園駅」前の広場で開催された、ラーメンのお祭りですっ。全国各地から選りすぐりのラーメン店が出店しています。なぜ、この記事を載せたのかというと、一枚目の写真をご覧いただくと分かるんですが、RISOさんの開発センターがあるんです。ということで、RISOさんもイベントに協賛されていてブースを出されているので、おじゃましてきました。

 

今回はテーマがラーメンということで、拉麺の文字がトートバッグや手ぬぐいにシルクで刷れます。拉麺とシルク!でも、他のブースでもTシャツやお土産などが販売などされていたので、意外に違和感はありませんでした(笑)。

 

せっかくなので、もちろんラーメンも食べてきました。会場内には舞台もあっていろんなミュージシャンが演奏していて結構盛り上がっていました。東京都内で開催される同様のイベントに比べると人でが少なめですが、その分楽しみやすいかも。みなさん、お疲れ様でしたー。


TOYOプライベートショー2016に行ってきました。

株式会社トーヨーコーポレーションさんが開催する『TOYOプライベートショー2016』に行ってきました。基本的にはプリント機械を導入されている方向けですが、個人のクリエイターでも楽しめるということで、中根が講師を務める、専門学校日本デザイナー学院シブヤプロダクツ科の生徒たちを連れて訪問しました。会場は五反田にある『TOC五反田メッセ』。

 

会場内には、RISOのゴッコプロはもちろん、カッティング・プロッタやフレキソ印刷など、いろんなプリントを実現した機会があり、さまざまな印刷物に触れられます。個人で購入できるような機械はさすがに少ないですが、クリエイターとして使ってみたい技術はたくさんありました。


トーヨーコーポレーションの担当:八木さんに会場をご案内いただき、スマホに入っている写真を転送して、トートバッグに印刷する機械を体験させていただきました。ホントにオペレーションが手軽でびっくり。インクジェット、進化しています。それにしても、やはり女子は動物モチーフが好きですねっ。八木さん、ありがとうございました。学生たちにもいろいろ刺激になりましたっ。


リンク追加しましたっ

リンク追加しました。理想科学工業のサイトの中にある『GOCCOPRO FORUM』。ブログでも一度ご紹介したのですが、やっぱり役立つ情報が多いのであらためて。シルクスクリーンの基本も学べます。前もお伝えしましたが、動画のコーナーにある『compilation_tokyo』(写真家たちによるZINE制作)は何度見てもかっこいいですっ。

 

 

レコードバッグ

ギャラリー233のオリジナル・レコードバッグ第四弾ですっ。今回はイラストレーター・RIKAKOさんの作品。手書きのターンテーブルがかっこいいっ。ちゃんとシルクスクリーンで再現されていますっ。当初はレコードバッグのみの予定でしたが、あまりにかわいいので、その場でTシャツも作ってしまいました。簡単にいろんなグッズ展開できるのがシルクスクリーンの強みっ。

創業70周年記念試合レポート

2016年8月20日(土)にカシマサッカースタジアムで、「理想科学工業 創業70周年記念試合」として、「鹿島アントラーズ VS 湘南ベルマーレ」戦(2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第9節) が開催されました。 鹿島アントラーズのクラブオフィシャルスポンサーとして、理想科学工業が会場で開催したイベントに参加させていただきましたので、簡単ですがレポートさせていただきます。

 

会場内には理想科学工業の「オルフィス」「リソグラフ」「ゴッコプロ」それぞれのブースがあります。左上の写真が「ゴッコプロ」ブース。

 

試合開始前のイベント、すでに大勢のファンの方で行列が出来ています。試合とは違うワクワク感が伝わってきます。イベントは、「オリジナル手ぬぐい」のプレゼント(何と!先着15,000名)、と「布印刷体験」の2つ。布印刷体験では、理想科学製シルクスクリーン製版機「GOCCOPRO」を使い、手ぬぐいの余白への印刷を体験できます。

イベントに先立って理想科学の方からゴッコプロやシルクスクリーンについて説明。最初のデモには、鹿島アントラーズの町田選手、平戸選手、田中選手ら3名が参加。ファンのみなさんのテンションも上がります。
ゴッコプロ(赤い機械)で好きな選手の背番号と名前を製版してくれます。

製版ができたら、理想科学の方にお手伝いいただきながら、手ぬぐいへの印刷を体験。刷り終わったら、アイロンプレスで定着。1分程度なのですぐ。簡単&綺麗な刷り上がりに選手のみなさんも満足されている様子。

 

続いて、一般のみなさんの体験がスタート。大勢の方が参加され、ブースはフル回転でした。勢いよく刷る人もいれば、慎重派も。プリントのスピードにその人の個性が出ます。刷り終わって版を外したあとは、仕上がりを見て、みなさんから歓喜の声があがっていました。

せっかくなので、ブース出口で、印刷した手ぬぐいを撮影させていただきました。お気に入りの選手の背番号と名前をプリントしてみんないい顔。ご協力いただきありがとうございました。

 

性別・年齢を問わず、ホントにたくさんの方がいらっしゃいました。熱いサポーターさんたちの応援もあってか、この日は見事鹿島アントラーズが勝利。みなさん、おめでとうございます~。

 

理想科学工業のスタッフのみなさんもお疲れ様でした。また機会があれば『ゴッコファン』でもぜひ伺いたいと思います。