Market Screen Typographic

RISOさんからご紹介いただいたMarket Screen Typographic社のYOUTUBEに、シルクスクリーンの技法や展示会の様子などがいろいろアップされています。シルクの可能性、まだまだあります。ちなみに担当者のFabrizio SerisさんのFacebookにも面白い動画や情報がたくさんアップされているとのこと。ご興味のある方、ぜひご覧ください。

→Market Screen Typographic(YOUTUBE)  →Fabrizio Serisさん(FB

グッジョバ!!

シルクスクリーンワークショップのご案内です。遊園地よみうりランドにて、『グッジョバ!!』というモノ作りを体感して学べるイベントを開催中(1周年とのこと)。その中で『RISO「ゴッコプロ100」でオリジナルトートバッグをつくろう』というワークショップが開催されています。

 

よみうりランドさんとRISOさんにご協力いただき、ワークショップを取材させていただきましたっ。

 

続きを読む

ふれあいオリTフェスティバル

みなさん、3月1日は”オリジナルTシャツの日”って知ってました?この日が制定されたことを記念して、毎年3月に「ふれあいオリTフェスティバル」というイベントが開催されています。毎回、オリジナルTシャツ展示や、プリントやデコレーションの体験コーナー、ウェアのチャリティー販売などが行われています。シルクスクリーンプリントも体験できるようでうす。ご興味のある方ぜひ。
ふれあいオリTフェスティバル

ウェアプリントのキホン

OGBS(オーダーグッズビジネスショップ)マガジンの増刊号『プロなら知っておくべきウェアプリントのキホン』(現代出版)が出版されました。ウエアプリントの各種製造方法から著作権や知的財産権にまつわる法制度まで、印刷に関する内容が盛り沢山。Tシャツやトートバッグなど、グッズをプリントされる方は必見。めちゃくちゃ参考になりました。ご興味のある方ぜひ。

→詳細はコチラから

アトリエKAVCさんご紹介

神戸市立のシルクスクリーン専用の工房「アトリエKAVC」さんのサイトに、シルクスクリーンを使用した楽しいコンテンツがたくさん載っています。テキスタイル部の「シルクスクリーンで金箔風プリント」面白いです。シルクスクリーンの版で”糊”を刷って、その上から金箔をプリントっ。目からうろこですっ。ぜひ。

シルクスクリーンで売上促進

YOUTUBEで見つけたシルクスクリーンの売上促進方法。『ホリエモンのQ&A』シリーズより。やっぱりシルクスクリーンという手法そのもののPRも必要ですね。


キリハリエEmiさんのトートバッグ

切り絵+貼り絵で作品を制作されているクリエイター、キリハリエ・Emiさんのトートバッグです。シルクスクリーンでプリントされています。やっぱりシルクと布のトートバッグは相性がいいですね。女の子のイラストが爽やかでかわいいです。

・キリハリエ Emi:http://kiriharie.com/

OGBSマガジン

いろんなプリントの展示会に行っているからだと思いますが、OGBS(オーダーグッズビジネスショップ)のマガジンサンプルが届きました。OGBSとは、印刷、印章、メモリアルグッズ、ウエアプリントなど様々な加工グッズを取り入れて多角化した、新時代のマルチ加工ショップのこと。マガジンはその専門誌です。一見業者さん向けの内容のようですが、実際は一般の方にもためになるノウハウや情報がいっぱい詰まっています。ご興味のある方、ぜひサイトをのぞいてみて下さい。

展覧会グッズ

Gallery233で開催しているグループ写真展『LIFE,LOMO 2017』展のグッズたちです。展覧会に合わせてパーカ、トートバッグなどを制作して販売。やっぱりカメラ柄は鉄板です。丸いロゴデザインは安定感がありますし、缶バッジなどにも使いやすいのでオススメ。

渋谷で製版

ものづくりなどの記事をアップされている「MO journal」さんで、渋谷の画材店での製版サービスを紹介されています(→記事)。製版サービスに関しては、ネットで注文するのが一般的になりつつある気がしますが(最近はお値段もリーズナブルです)、やはり店頭でスタッフさんと打ち合わせをしながら作れると安心ですね。

刺繍枠でシルクスクリーン

「暮らしを素敵に丁寧に」をテーマにしたキュレーションサイトの「キナリノ」さんの記事で、刺繍枠を使ったシルクスクリーンの技法を見つけました。記事はこちら(→記事)。製版もシルクスクリーンではなく、ストッキングを代用されていて面白いですっ。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。2017年のスタートです。今年もいろんな情報を発信できればと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。